MENU
いつき
こんにちは!いつきです。
30代子供3人の旅行好きパパです。

2017年取得のマリオットアメックスを使った旅行、子連れ旅行でも難易度の高いディズニー関連をメインテーマにしたブログです。

今後もマリオット系ホテルレビューや地方旅行、子連れ旅行のノウハウ記事を増やしていきますのでよろしくお願いします!
CLICK HERE ! 9/23ディズニーレビュー集追加!みぽぽさん、かおりんごさん、なつさん、マキさん、ありがとうございます!

【子連れ必見!】新幹線で行くディズニー旅行の5つのポイント

家族で行くディズニーは、まさしく一大イベント。一方、慣れない移動で不安もあります。

この記事では、新幹線で行く子連れディズニーの特徴やポイント、当日の流れを解説します。

新幹線チケットをこれから取る場合は、ホテルと合わせて予約すると安くなります。

\ホテルと新幹線を同時に予約!/

また、10月11日~12月下旬まで「全国旅行支援」がスタートしました!今回も添い寝年齢の高い子連れディズニー系ホテルには追い風です!

ディズニー周辺のホテル15件の解説記事もあるので、是非ご覧ください。

子連れディズニー関連記事

・まとめ記事 失敗しないポイント
・持ち物記事 年齢別/季節別持ち物
・アクセス 飛行機/新幹線(現在記事)
・アトラクション ランドシー
・レストラン ランドシー
・ホテル 15の周辺ホテル解説

目次

新幹線で行く子連れディズニーの特徴

まずは新幹線ディズニーの特徴を解説します。

子連れ新幹線ディズニーのメリット/デメリット

メリット/デメリットは以下の通りです。

デメリット

・東京駅での乗り換えが大変
・荷物を大量に持てない

メリット

・子連れは新幹線料金が安い
・時間通りに到着する
・道に迷うことがない

子連れ新幹線は料金が安くなる一方、荷物を多く持てないというデメリットがあります。

運転時間の問題(ドライバーの負荷)がありますが、大きなプライベート空間がある点で、車でのディズニー旅行をおすすめします。

新幹線の料金体系

新幹線利用では「小学生までが安い」とイメージください。
子供料金の体系は以下の通りです。

大人 (12歳以上) :大人料金(※1)
こども(6歳~11歳):大人料金の1/2(※2)
幼児 (1歳~ 5歳):無料
乳児 (0歳~ 1歳):無料

(※1)12歳でも中学校入学前は「こども」扱い
(※2) 6歳でも小学校入学前は「幼児」扱い

ただし、上記は自由席の利用に限ります

指定席では幼児/乳児にも「こども料金」が適用されます。※グリーン車等は大人料金

さつき

ちょっと料金が複雑。。

いつき

指定席の確保は1人分だからね!

JR東日本ホームページより引用

各方面からの所要時間/料金

新幹線利用の時間/料金(おとな自由席)は以下の通りです。

出発駅所要時間料金車両
名古屋1.5時間10,560円のぞみ
京都2時間13,320円のぞみ
新大阪2.5時間13,870円のぞみ
長野1.5時間 7,810円はくたか
金沢2.5時間13,850円はくたか
仙台1.5時間11,810円はやぶさ

新幹線で行く子連れディズニーのポイント

新幹線で行く子連れディズニーのポイントを3点解説します。

新幹線指定席は11号車を予約

新幹線の車両、適当に予約してませんか?
実は、車両によってはおむつ替えや授乳ができる個室「多目的室」があります。

また、多目的室は鍵を掛けているケースが多く、車掌に開けてもらう必要があるため、
乗車時に声をかけておくか、車掌室を確認しておくことをおすすめします。

東海道新幹線「のぞみ」では11号車が該当します。ご自身が乗られる新幹線の号車を確認しておきましょう。

さつき

多目的室近くだと、自然とファミリー層が多いよね!

いつき

子供は静かにしてられないからね!

荷物は最小限にする工夫を

新幹線/電車移動はプライベートな空間がありません。
行き帰りの満員電車を想定し、できるだけ荷物を持たない工夫をしましょう。
特に帰りは荷物が増え、子供が疲れきっているため注意しましょう。

具体的な方法は以下の通りです。

①ベビーカーはパークで借りる
②帰りの荷物は宅急便を利用
③ウェルカムセンターを使う

ベビーカーを広げて電車に乗るのはおすすめできません。満員電車の他、エスカレーターや階段移動が多いため、首都圏は抱っこひもを使う方がスムーズです。

また、スーツケースは軽くて丈夫なものを用意しましょう。今はレンタルサービスが充実し、人気ブランドが安く借りられます。オプションにはなりますが、準新品を指定することもできます。

\人気ブランドが1泊2日からレンタル可能!/

即日発送/往復送料無料/無償保証!

さつき

サイトもオシャレだから見ていてワクワクするね!

いつき

最低価格保証で、他より安ければ値引き&ポイントがもらえるのも安心だね!

パーク近くのホテルを予約しよう

パークで一日遊ぶと、子供も大人もヘトヘトになります。
疲れた身体で満員電車に乗り、電車を乗り継ぐのは相当なストレスがかかります。できれば舞浜周辺のホテルを予約しておきましょう。

ディズニーホテル/オフィシャルホテルは舞浜駅を降りて直ぐ左に「ウェルカムセンター」があります。
チェックインはもちろん、荷物を預けるだけも可能です。むしろ、混雑時は荷物を預けるだけがおすすめです。

さつき

凄い並んでるけど、預けるだけでもいいんだね!

いつき

知らない人はずっと並んでて可哀そう。。

当日の流れ

実際の流れとポイントを東京駅到着からパークイン~アウトまでの流れに沿って解説します。

新幹線での過ごし方

新幹線内は、揺れも少なくテーブルを広げることができます。

外の景色を見て楽しんだり、シールブックで遊んだり、タブレットを見せるなどして過ごしましょう。新幹線の車内販売(アイス)を買って楽しむのも良いですね。

東京駅到着後は乗り換えが大変なので、新幹線でお昼寝ができればベストです(逆に、東京駅でグズられたら地獄です。。)

我が家は昔、昼食後に新幹線に乗り、昼寝をさせていました。時間を調整するのもアリですね。

東京駅着~舞浜駅まで

東京駅に到着したら、そのままJR「京葉線」に乗り換えましょう。

そして最初に試練が訪れます。

改札を出てから京葉線のホームに行くまでが物凄く遠い。。。もはや苦行レベルです。

京葉線ホームに辿り着いたら、3号車・7号車あたりに乗るのがおすすめです。

みんなが一斉に降りるため、舞浜駅は大混雑します。

さつき

エレベーターを待つより、畳んで階段降りた方が早い!

いつき

大混雑してるから、一番最後に降りるのもアリだよ!

ディズニーリゾート到着後

舞浜駅を出ると、東京ディズニーリゾートです。
できればここで物資の補給をしましょう。駅を降りて左手にコンビニ:Newdaysがあります。

カフェもあるため、一息つくのも良いですね。

ディズニーランドへは歩いても、ディズニーリゾートラインに乗っても良いです。
ディズニーシーはリゾートライン一択です。

パーク入場後

パーク入場後にやることは2つです。

・コインロッカーを利用
・モバイルバッテリーを借りる

子連れディズニーは必然的に荷物が多くなるため、コインロッカーを利用して快適な時間を過ごしましょう。
また、パーク内では公式アプリのGPS機能を常に起動し、待ち時間の確認等を行うため、電池を激しく消耗します。

パークでは各所にバッテリーをレンタルできるスポットがあるので、準備の一環としてアプリをダウンロードしておくと良いですね。

コインロッカーのレンタルスポット

その他、ベビーカーを借りることもできます。1日1,000円です。

準備が整ったら、ガッツリ遊びましょう!

アトラクションによっては、子供が乗れないものがあったりするので注意しましょう。

まとめ

新幹線で行く子連れディズニーは、荷物を最小化する工夫が大切です。ベビーカーは現地で借りる、宅急便を使うなどで身軽な状態を保つと、旅のストレスが小さくなります。できれば舞浜周辺のホテルに宿泊し、疲れを癒してから翌日、東京観光をして帰ると楽しい思い出ができると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次